2007/12/13

足長クモの正体

すっごい足の長いクモがいるって、11/30に書いたけど、http://naotomasumi.blogspot.com/2007/11/blog-post_7873.html

つい最近まで岩手の山の中、今は東京に住んでる人がわざわざ教えてくれました。

********
俗称「メクラグモ」です。(今や御法度名)
 一番長い足? でツンツン何かを探りながら歩くので、この名が付いたのでしょう。
********

「そーか、歩きながら何かを探すために、触覚みたいになってるんだ」と
妙に納得しちゃいました。

Oさん、ご丁寧にありがとうございました!

2 件のコメント:

mizuma さんのコメント...

コメントしたつもりでしたが・・・
これはザトウムシという名前で、クモではなくて、実はダニの仲間だそうです。
クモなら足は8本(だったかな)。
で足のように見える長い2本が触角だそうです。
ダニといっても人を噛むことはなくて、小さな虫の体液を吸うそうで、小さいといってもコイツの体より大きなイモムシをくわえて歩いているところを見たことがあります。

Naoto & Masumi さんのコメント...

げげげっ!ダニなんですか!!!
凄すぎる!

ご教授、ありがとうございました!