2017/08/11

台風5号の続き

もう、すっかり落ち着きました。
 
 
台風5号中に離陸するときはこんな感じでしたが。
 
 

 
旋回することもなく、無事離陸!
 
 
そして、家に戻ってみると、
 
家はありました。
 
でも、家の前の県道は川と化した形跡万歳。
 
 
 
海に大量の赤土が入っていました。
うぇええええ~~~
 
 
当然、植木は倒れる、
 
 
 
折れる、
 
 
でも、2010年の豪雨災害の時は↓
 
 
我が家の裏にある山が土砂崩れを起こした結果でございます。
 
 
その裏山、ペンション用地とゴーカート場として
 
近年造成されたのですが、
 
やっぱり崩れてました。
 
 
あー、滝が出没!
 
 
台風は養生も出来るし、
去った後始末も手馴れてきましたが・・・
 
 
人間が手を加えて、崩れてしまう自然は
天災とは言い難い・・・
造成した業者さんは「元に戻します。認可も取れてます」
 
崩れると分かっている場所に、作っていいんですかねぇ・・・
 
 
空地も空き家もたくさんあるんだから、
 
そっちを先に活用しようよ!と思うのは私だけ?
 
 

2017/08/06

台風5号


東京に行っていた間に
台風5号通過
一昨日から島へは全便欠航

今日は屋久島行ったから、もう安心


でも、フライトは条件付き
それも、羽田空港に引き返す時は
伊丹で給油だって。ひょえ〜

で、飛行機に乗り込み、離陸



今は福岡上空
いつもとルートが違います


あー、真っ白

島に戻れるかなぁ😱

2017/07/24

レトロ感満載の喜界島空港




 
ちょこっと、25km離れた隣の喜界島に行ってきました。
 
奄美大島~喜界島の移動手段は
 
ちびっこ飛行機か、フェリーです。
 
フェリーだと、奄美大島を夜に出て、
 
喜界島に夜中に着きます。
 
仕事で行ったので、今回はちびっこ飛行機。



 
乗ってる時間は10分くらい。
 
すっちぃが飴を配る時間もありません。
(離島間にドリンクサービスはありません)
 
着陸すると、徒歩で到着ロビーへ。
 

 
島んちゅと滞在者が最後に挨拶を交わす
「展望デッキ」代わりの建物も見えます。
 


到着口を入るとこんな感じ。
 
 
預けた荷物は回りません。



人力で運び込まれます。
 

手渡しだし。
 

空港スタッフは「おもてなし」モード万歳。
 

お客様よりスタッフが多いこともしばし。
 

出発するときも、ちびっこ飛行機にふさわしいです。
 
保安検査は、出発口の手前。
 

保安検査を抜けると、そのまま飛行機に乗ります。
 

だから、チェックイン後、出発時間まで
隔離されることもなく、
空港内のお土産屋さんも見ることができます。


 
このポスター、普通じゃ、もう見かけないよね・・・






滅多に味わえないレトロな喜界島空港です。
 
是非、一度は見にいらしてくださいまし。







2017/07/16

夏を満喫!

すっかり夏になり、
毎日、日の出とともに33度。
 
暑~~~~~い!
 
直射日光のハイパービームにとろけるような日々が
 
10月ぐらいまでずーっと続きます。
 
でもね、太陽光線は凄くても、楽しいこともいっぱいある
 
島の夏です。
 
ということで、
カヤックマラソン大会が終わった後は、
 
ずーっとお楽しみカヤック。
 
再び、節田でお楽しみお稽古。
 
 
この日は、本当は龍郷湾横断、イズムリカフェの島豚バーガー付き!
 
の予定が急きょ変更。
 
気が動転していていたわけではありませんが、
 
マリンブーツが左右で違う!
 
さらに、右足2つ。
 
 
でも、めげずに出航!

 
お楽しみカヤックなので、お手軽上陸。
 
上陸後は、お楽しみノンアルビール。

 
ビーチで飲むと、本当のビールに思えるから
 
不思議、不思議。
 
 
泳ぎまくって、泳ぎまくったお稽古日でしたわ。

 
飛行機にも乗らずに、電車にも乗らずに
 
たった20分のドライブで、こんな感じ↓

 
あー、島の夏って、贅沢だぁ。
 
羨ましいでしょ?うふふ
 
 
 
 

2017/07/14

パッションフルーツ通販!

奄美大島のパッションフルーツ通販、
 
 
 

 【贈答用】は本日締切となります。
 


 一般用は7/24まで購入できます。
 

2017/07/10

夏の集落行事

昨日は、夏の最大集落行事「浜おれ」でした。

朝8:00から、婦人会で海岸清掃。
夕方に舟こぎする会場となるビーチのゴミ拾いと雑草抜き。
真夏の太陽は朝と言えどもギラギラなので、1時間くらいでバテバテになります。

お掃除が終わったら、夕方まで自由行動。
でもって、5:00に集落民がビーチに総出となります。

舟こぎのスタートです。
木舟を左右2名3列、最後尾に舵取りの7名で漕ぎます。大昔は、これで漁に行ってたとか。

集落にある6区の地区対抗で、スピードを競います。
見かけよりもしんどいし、舵取りも大変。カヤックの方が100倍楽です。
我が地区は、昨年の優勝チーム🏅
でも、今年は僅差で2位。

この舟こぎはどこの集落、市町村のお祭りでも行われます。

舟こぎが終わると、今度は宴会。
各地区でブルーシート宴会が始まります。
お弁当とビールと軽いおつまみですけどね。


その後、「新人さん」紹介と余興のカラオケです。
新人さんは、越して来た人の紹介です。みんなが新人さんを認識することで、コミュニケーションが円滑になります。

夕暮れから開始するので、9:00ぐらいにはお開き。真夜中過ぎまで続く秋祭りとは違います。



2017/07/07

お楽しみカヤック

大会が終わった後は、夏を満喫するお楽しみのシーズンです。
 
当然、カヤックもお楽しみ!
 
カヤックの先生のGONちゃんのホームグランド、節田(せつた)で
 
今シーズン初のお楽しみカヤックに行ってきました。
 
 
何がお楽しみかっていうと

 
GONちゃんがお昼を作ってくれる間、
シュノーケリング三昧!

 
今日の献立は、チキントマトライス。
 
スープと一緒に、みんな完食!
 
だって、いい天気、すごい海、美味しいご飯!
 
言うことなしでしょ?
 
 
数時間ビーチで過ごすときは、GONちゃんがタープを張ってくれます。

 
奄美大島のギラギラ太陽の下では、日陰なしでは生きていけません。
 
でもね、どんな場所でもタープ張るのって、知恵がいるの。
 
 
でも、全てGONちゃん任せで海を堪能です。

 
この日は水中OKのカメラを持っていかなかったので
ちょっと前の写真↓
 




 
竜宮城で泳げる幸せを堪能した日でございました。うふふ