2008/04/04

スロープ工事、始まる


かねてより近隣住民の皆様に相談しまくっていた、
海側の外壁(=防波堤)&スロープ工事が
先日から始まった。
すっごいよ、庭の芝生が一部はがされ、
大きなブルドーザーやダンプが庭を
コマコマ動きまくってる。
工期は1か月。
工事金額も掘っ立て小屋が軽く建つほど。
実は旦那は家を建てる前から
「うーん、堤防が心配だぁ・・・。」と言って
ずっと思案をしていたらしい。
何せ、堤防決壊は損害保険の対象外。
(家は当然担保されてるけど)
もちろん、家を建てる前にミサワホームに
敷地調査とともに地盤も見てもらった。
ミサワ「堤防はL字なんで大丈夫。」が回答。
隣のN氏やM氏宅も同じ薄さ?の外壁で、
「別に大丈夫じゃない。」
近隣地元住民のみなさんも
「台風を一度経験してから考えれば?」
でも、踏み切っちゃった。
きっかけは近所の越冬おばあちゃんの話。
おばあちゃんの家は数年前の台風で
庭の半分を波でさらわれちゃったことがある。

おばあちゃん「ちゃんと堤防を補強しておかないと
台風の時に大変よ。」
(と言っても、越冬おばあちゃんは
台風シーズンにここにはいない・・・)
延々、3時間のアドバイス?で、旦那が陥落。
次の日に、おばあちゃんが工事屋さんを連れて家に来た。
ゲッ、すごい行動力。
ということで、あれよあれよという間に決まっていった。
最初は海側から3m土をどかして、コンクリートを流し込む予定だったんだけど、
ミサワホームから「待った!」が入った。
ミサワ「土を撤去するときに地盤の圧力が変わるので、
家が傾いちゃう可能性があります。
そーなると、瑕疵担保の対象外になるかもしれないので、
念のため専門家に図面を見せてください。」
結果は、土をどかすんじゃなくて、3mの地点に杭を打って補強する方法になった。
まぁ、私としては堤防補強は関心薄。
でも、スロープができるのは「やったー!」
設計段階で一度、海への階段を作るのを
見積もってもらったんだけど、予算オーバーで
却下だったもん。
でも、暮らしてると、ホント、つい降りたくなるのよねぇ。
スロープ持ちの2軒隣のMさんがありがたいことに
「うちからいつでも降りていいよ。」って
スロープを使わせてくれたんだけど、
やっぱ、自宅からすぐに降りれる方が便利だもんね。
Mさん曰く、「台風のときとかすごいわよ。
スロープから道路まで波が行っちゃうの。」
先日、そのスロープに手漕ぎボートを置いていて
波にさらわれちゃった。
(地元少年たちが捜してくれて、見つかった)

で、スロープは海に直角でなくて、 海岸線と並行に作ることにした。
完成が楽しみ、楽しみ!
ちなみに、ボート、カヤック、その他を運ぶ時は
階段よりもスロープの方が便利だよ~ん。
(波が押し寄せてくることを除けば・・・)

1 件のコメント:

Masahito さんのコメント...

別天地!
何でも出来るような素晴らしい環境に、乾杯!