2008/11/08

自然と人の優しさ

奄美の竜郷町で、一昨日、ご覧のような記録的な大雨が降った。

1時間に120ミリを超える雨が断続的に襲った。






















我が家の前の県道も完全に”川”になり、

普通乗用車すら通行できない状態だった。


がけ崩れ、鉄砲水、川の氾濫、・・・

至る所に傷痕を残していった。






先日、奄美を震撼させた殺人事件がある集落で起きた。

「奄美でそんな事件が起きるはずなどなかった」と

地元民たちも驚く出来事だった。



奄美は事件が限りなくゼロに近いので、

刑事、鑑識などは内地からやってくる。


で、たまたま集中豪雨に見舞われた時に、大勢の

警察関係者が滞在していたことで、多くの人々が

助けられたと聞いた。

そして、多くの人が集落公民館での生活を強いられている。


その集落への「炊き出し」を行う連絡を昨晩受けた。


役場の職員、給食センターのスタッフは当然のように
休みの今日も働いている。



さらに、各集落の婦人会から数名のボランティアを選出し、

温かいカレーを食べてもらおうということだった。

実際、集合時間に行ってみると、すでに多くのご婦人たちが

野菜を切っていた。

総勢30名弱。お互いに知り合いでも

ない人々がすっと集まって、あっという間にカレーに

なっていった。




東京で暮らしていた時分は、「可哀そうに」と思いつつも

他人事だった。


まして、ご近所や知り合いでもない、他の集落のために何かを

すぐに行うことなど考えたこともなかった。



だから、「困った時はお互い様」のアクションがすぐに

取れるこの土地は本当に暖かいと思う。



私が夫を亡くした時も、そして今も、周囲の人々は

何かにつけ気を配ってくれている。




自然は素晴らしいと同時に猛威を振るう。

でも、それに逆らうことは難しく、人間のエゴだと思う。

あれほど、虫に悩まされた私が、たった1年で

「これも自然の一部」と割り切れるようになったのも

都会で暮らしていた時に思っていた”自然”と

本当に”自然”に接する経験をした違いなのかもしれない。


そして、この5か月で、本当の人の暖かさについても同じ思いになった。



2 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

ボランティアって言葉では、表現できない「結いの心」が、いざという時に力を発揮する。ってことですよね。
一人でいると思っていても必ず誰かが、
・・・です!
NET上で応援しています。
>>>by abasu

Masahito さんのコメント...

。。。

申し訳なし
言葉がでません。