2014/10/26

秋の集落最大イベント、種おろし


台風をやり過ごし、

近くの島々を巡っている間に

秋の集落最大のイベントの時期となりました。

その名も「種おろし」
http://www.town.tatsugo.lg.jp/kankou_bunka/gyouzi/taneoroshi.html

豊年祭の一種ですが、呼び名は場所によって違い、

奄美大島の北部では「種おろし」、

南部では「豊年祭」になっているようです。



男の列の後に、女の列が出来て

大きな輪っかを作って

男性・女性が交互に呼び掛けあって歌う「八月踊り」がメインの

歌って踊って飲んで食べる行事です。


video

八月踊り

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AB%E6%9C%88%E8%B8%8A


踊る唄はどうも集落によって違い

さらに、唄によって全部振り付けが異なるので

素人がいきなり踊れるものではないです。
(移住8年目でも練習してないから、超劣等生のままです。うへ)



その他に、「六調」(ろくちょう)という踊りがあって


video


これは、リズムに合わせて勝手に踊ればいいので

誰でも踊れます。



この八月踊り+六調+立食宴会の1セットを
昔は一軒一軒回ってやっていたそーな。


今は、集落を6ブロックに分け、

ブロックの空き地とかで1セット×3か所×2日の6セットです。


1セット、ざっと2時間なので、この行事、述べ12時間でっせ。


立食宴会の合間には、「お花の披露」と呼ぶ

「XXさんより、金一万両頂きました~~~~!」と言った感じの

寄付の発表があります。


この寄付金、1年間の集落運営費になるので

スキップは許されません。


で、我がブロックは2日目最終セット(=2日目の3か所目)。

女性陣が料理、男性陣が設営担当となります。

料理の準備は、2週間くらい前の打ち合わせからスタートで

その日に出すメニュー、買い物当番を決めます。


当日は、下ごしらえをそれぞれの家でやってから

午後2:00に集合。

こんな感じで、作ったものを個包装していきます。


料理の準備が終わったのが、18:00。

3ブロック目の開始予定は午後10:00くらい。

なので、9:30くらいに準備に入ります。


作ったものは、

トン汁、
ふりかけお握り、
龍郷小の生徒が育てたもち米入りおこわおにぎり、
きゅうりの酢の物、
タコのアヒージョ、
お漬物、
ガトーショコラ、
ドーナッツ

(炭水化物のオンパレードだ・・・)

小学校からもち米が配給されるので、もち米メニューは必須、

さらに、狩猟の達人、SG兄から全ブロックにタコが配られ、

ブロック対抗料理合戦とまでは言いませんが、

与えられたお題メニューも欠かせません。


買ってきたものは、

盛り皿
(いかに不人気と言えども、必須の定番)
サンドウィッチ盛り

ビール、最初から水で割った焼酎、ノンアルコール、ソフトドリンクを用意し、

後はお客様を待つばかり。


太鼓の音が聞こえるようになったら、

広場の入り口でお出迎え。


3ブロック目スタートです。



1周踊って、お花の披露が終わると

サービス開始です。


立食と言っても、お客様がバイキングのように取りにくるのではなく

ブロック住民が黒服のように

「おにぎりはいかがですか~~~?」と回ります。


3セット目だから、もうおなかいっぱいだろうと思ったら、大違い。

みなさん、良く食べます。


そして、この日は暑かった・・・。


飲み物の手配が完全にミス。

10月下旬の夜は、通常、冷える+ラストなので

暖かいものを用意したら、

缶ジュース、ビールは飛ぶように無くなりましたわ。

この気温に左右される飲食準備、結構、大変なんですのよ。


一通り踊って、最後の締めは「名瀬郷友会」の皆さんのご挨拶。



どんなに離れてるんだぁ???

バスで30分余り。


昔、交通の便が悪かった時の名残なのでしょう。

壮大なお別れが終わって、お開きとなりました。

午前0時。

今年は終わるのが早かったですよん。


後片付けをして、

反省会と称するブロック住民の打ち上げが恒例です。

でも、すごーーーい雨が降り出して、

今年は1:00AMで引けました。

はやーい!


種おろしが終わると、冬が来る感じです。


0 件のコメント: